リンパマッサージとは

脚のマッサージ体のだるさや疲れやすい体質にはリンパマッサージが有効と言われています。リンパ液とは、体中を巡る液体の事です。毛細血管から染み出した透明~少し白色をしています。人の体には細胞を埋め尽くす細胞体液が流れています。リンパ液と細胞体液はほぼ同じ成分でできていますが、リンパ液にはリンパ球が多く含まれています。リンパ球はそれぞれで免疫の働きを持っています。免疫と言えば血液中に含まれる白血球を思い浮かべるかもしれませんが、リンパ液内にも免疫機能は備わっています。

リンパ液が滞ると様々な不調が現れます。具体的には体のだるさや片頭痛、体のむくみといった小さなものですが、これらを放っておく事で別の大きな病気を引き起こす可能性もあります。たかがリンパと言わずに、こまめにケアをする事が大切です。

リンパ液の滞りを改善するにはリンパマッサージが有効です。リンパマッサージはゆっくりと行う事が効果的です。リンパ液は体中を一方通行に流れています。体の仕組み上逆流はしないため、マッサージも流れに沿う事が大切です。基本的には腕や足の先から体の中心方向へ、下から上へと流していきます。リンパマッサージを行う事で疲労回復効果やむくみ解消、代謝アップによるダイエット効果、免疫力強化、リラックス効果による自律神経の正常化など、様々な効果を得る事ができます。リンパマッサージを定期的に行う事で不調が出てから改善するのではなく、不調の出にくい体へと改善する効果も期待できます。